国内旅行のご案内

メールでのお問い合わせはこちら


>>前のページへ

【Go Toトラベル事業支援対象】★10〜1月出発★ 各日限定15名様!
【大人の休息 島旅】岡山桃太郎空港発着
一度は行ってみたい!絶海の孤島 沖縄の秘境『南大東島』 と古来の伝説!うふあがり島『北大東島』3日間

 旅のポイント 
★岡山桃太郎空港発着で「南大東島」と「北大東島」の両島を、なんと3日間でめぐります!
★「南大東空港」から「北大東空港」間は、なんと日本一飛行距離の短い区間です。
★紺碧の海に切り立つ断崖絶壁の両島で、歴史・文化・自然の魅力をご堪能ください!
★旅行中の食事は、地元素材を大事に考え、ご当地の味覚を味わっていただきます!
★岡山桃太郎空港の出発から到着まで、安心の添乗員同行!

☆GoToトラベル事業支援対象☆
1、この旅行はGoToトラベル事業支援対象です。
2、旅行代金からGoToトラベル事業による支援金を引いた金額がお客様のお支払い実額となります。10月1日以降の当社が定める日以降にご出発の旅行に関しては、別途、旅行代金に応じた地域共通クーポンが付与されます。
3、支援額の受領について
国からの支援金はお客様に対して支給されますが、当社は、支援金をお客様に代わって受領(代理受領)致しますので、お客様は、旅行代金に対する支援金を差し引いた「お支払い実額」をお支払いいただくこととなります。なお、お取消しの際は、旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けいたします。お客様は、当社による代理受領についてご了承のうえお申込ください。
旅行代金124,800円〜134,800円からGoToトラベル事業による支援金28,000円を引いた金額がお客様のお支払い実額となります。

■お支払い実額(お一人様)
2名一室利用:96,800円〜101,800円
1名一室利用:101,800円〜106,800円

※山陽新聞さん太クラブ割引との併用不可。
※詳細画面はお支払い実額ではなく、旅行代金を表示しております。
ご旅行サンプルイメージ

※こども料金  大人と同額 出発日と旅行代金 (お一人様)

お部屋 出発日
10/20(火)
11/3(火)
11/17(火)
11/24(火)
12/1(火)
12/8(火)
12/15(火)
12/22(火)
1/5(火)
1/12(火)
1/19(火)
1/26(火)
2名1室利用/おとなお一人様(洋室利用) 129,800円 124,800円
1名1室利用/おとなお一人様(洋室利用) 134,800円 129,800円

スケジュール

日程 観光内容 食事 宿泊地
1日目 岡山桃太郎空港8:10発→→→那覇空港(乗り換え、自由昼食)→→→南大東空港==海軍棒プール(岩をくり抜いて造った人口の海水プールで、小魚と一緒に泳ぐことが出来ます)==日の丸山展望台(島内全景が一望できます)==亀池港(西港の補完港として機能しており、荒天で西港が利用できない場合や他船が利用している場合に利用され、クレーンを使って、乗客や貨物のあげおろしをしている)==南大東島(泊) 朝食 ×
昼食 ×
夕食 ○
南大東島
2日目 ホテル==南大東島気象台(南大東島で気象観測を行っていた製糖会社の私設気象観測所が始まりです)==ふるさと文化センター(南大東島唯一の博物館で、主な収蔵品には島内流通紙幣、島で最古の太鼓や開拓時代の歴史的に価値のある資料が展示されてます)==塩屋松並木(大正初期に南大東島に防風林の役目として入植されました)==西港/上陸記念碑(西港の入り口に建てられた記念碑で、ここから島の歴史が始まりました)==鍾乳洞「星野洞」(島内の100を超える鍾乳洞の中でも最大規模を誇るのが星野洞で、その美しさは東洋一とも言われています)==南大東漁港(台風時や時化の際に近隣を航行しいる船舶に提供する目的で建設した港です)==島内で昼食(名物の「大東そば」と「大東すし」の昼食)==ラム酒工場「グレイス・ラム」(旧南大東空港跡地を利用した工場で、南大東のサトウキビを原料とした国産ラム酒が生産され、南大東島を代表するの特産品の一つです)==軌道跡(日本史上もっとも南に位置する鉄道で、現在稼働中のもので言えば沖縄都市モノレールがそれにあたります)==南大東空港→→→北大東空港??上陸港跡(明治36年、開拓のため初めて上陸した場所だと伝えられています)==燐鉱石貯蔵庫跡(最盛期には1人1日平均2トンの採掘量を誇っていました)==赤池(冬鳥としての飛来が多いマガモは、この島では留鳥として生息・繁殖しており、その姿を見ることができます)/大東宮(開拓当初、製糖事業を営む玉置商会によって建立され、天照大神を奉安し、100年あまり島の産土神として祀られています)==北大東島(泊) 朝食 ○
昼食 ○
夕食 ○
北大東島
3日目 ホテル==北港(絶壁の島ならではの港で、昔から現在にいたるまで風向きによって西港・江崎港・北港の3港が使い分けられており、ここでもクレーンを使って、乗客や貨物のあげおろしをしている)==北大東村民俗資料館(島の開拓の歴史を後世に伝えるとともに、島外から訪れる人々に島の歴史・文化・概要を紹介しています)==長幕(岸壁及び岸錐の国指定天然記念物特殊植物群落)==国標(日本政府により島の調査がおこなわれ、正式に日本領土とされた明治18年に国標が立てられました)==大東ビロウ林(村の天然記念物)==月桃工場(化粧品、茶、石鹸等の原材料を製造)==沖縄最東端の碑(沖縄最東端の島、北大東島の中でさらに最東端であることを示す碑)==ハマユウ荘(名物の「じゃがいもそば」ランチの昼食)==北大東空港→→→那覇空港(乗り換え)→→→岡山桃太郎空港20:25頃着 朝食 ○
昼食 ○
夕食 ×
 

利用予定宿泊施設

日程 ホテル名 ポイント
1日目 南大東島/ホテルよしざと  
2日目 北大東島/ハマユウ荘 うふあがり島  

旅行条件

■最少催行人員:10名様  
■添乗員:同行致します  
■食事条件:朝2回、昼2回、夕2回  
■利用航空会社名:日本トランスオーシャン空港(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC) ■利用バス会社名:(株)大東観光商事、(株)黄金山
■バスガイド:乗務いたしませんが、運転手が乗務に支障のない程度でご案内いたします)
備考:
※3名1室の設定はございません。2名様と1名様でお部屋を分かれていただくようになります。

ご注意

●運輸機関の遅延・欠航、交通渋滞その他の不可抗力の事由により到着・帰着時間が変更となる場合がございます。その場合、旅行日程の変更、もしくは目的地滞在時間の短縮または一部削除させていただく場合もございます。●観光地では足元が悪い場所があります。当日の履物などには十分ご注意ください。●バスタイプについては、最終的なご参加人数に合わせたサイズのバスをお手配いたします。●バス座席は、基本お申し込み順とさせていただきます。●添乗員は岡山桃太郎空港から岡山桃太郎空港まで同行いたします。

メールでのお問い合わせはこちら


>>前のページへ


▲このページトップへ